元スタバ店員の全国カフェめぐり

元スタバ店員が、大手カフェの新作ドリンクをご紹介!もちろん全部飲んでいます。

【ルタオ】札幌にグラッシェルがオープン!最寄駅・アクセスまとめ

スポンサーリンク

2016年12月1日に、ルタオがプロデュースするアイスクリーム専門店、グラッシェル(GLACIEL)が札幌ステラプレイスにオープン!

表参道でしか味わえなかった本場ヨーロッパの味が、ここ札幌で楽しめます。

f:id:oyasumin-seijin:20170223030448j:plain

そもそもグラッシェルとは?

グラッシェル(GLACIER)は、ドゥーブルフロマージュで有名なルタオがプロデュースしたアイスクリーム専門店

ルタオは年間250万個ものケーキを販売しており、北海道を代表する洋菓子屋なのです。

そんなルタオから生まれたグラッシェル、名前はフランス語から来ています。

アイス職人の意味のグラシエ(glacier)
アイスクリームのグラス(glace)
のシエル(cier)

この3つの言葉を組み合わせてグラッシェル(GLACIER)となりました。*1

1号店の表参道では大人気!

札幌でオープンしたのは実は2号店。
1号店は表参道にあり、大変人気となっています。

Googleの口コミでは☆4.2(☆5が最大)、Facebookでも4.8/5.0と高評価。

f:id:oyasumin-seijin:20170223051115j:plain
*2

そんな大人気のお店が、ルタオのふるさと北海道に戻って来ました。

人気の秘密は特別なアイスにあり

グラッシェルの人気の秘密は、特別なアイスクリーム、「アントルメグラッセ」「生グラス」にありました。

ヨーロッパで有名なアントルメグラッセ

f:id:oyasumin-seijin:20170531021950j:plain

アントルメグラッセとは、アイスクリームをベースにしたケーキのこと。
日本ではなじみが薄いですが、フランスやベルギーでは有名なスイーツです。

グラッシェルではパティシエとコラボし、一つ一つ丁寧に作り上げられています。

生グラスはグラッシェル特製アイス

生グラスとは、グラッシェル特製のアイスクリームのこと。

作りたてのアイスには厳選した北海道のミルクを使用し、
フルーツは旬のものを最高クラスの生産者さんから取り寄せています。

グラッシェルでは本場ヨーロッパの技術を輸入し、最高の機材を使うなど、アイスへのこだわりが徹底しています。*3


※画像は楽天にリンクしています

グラッシェルにはカフェが併設されている

グラッシェルはお持ち帰り用のアイスクリームを販売していますが、何とカフェも併設されているんです。

メニューはアントルメグラッセパフェパンケーキとあり、軽食としてチキンサンドなども用意されています。

価格は1,000円~で、ドリンクセットをつけると2,000円弱くらいのお値段になります。

グラッシェル札幌の場所はどこ?

グラッシェル札幌ステラプレイス店は、札幌駅直結の駅ビルにあります。


以下詳細▽

  • 札幌ステラプレイス 2F
  • 営業時間:10:00~21:00
  • 定休日:なし
  • 住所:北海道札幌市中央区 北5条西2丁目 JRタワー
  • 交通手段:
    JR札幌駅直結
    地下鉄南北線さっぽろ駅・2番出口直結
    地下鉄東豊線さっぽろ駅・18番出口直結

f:id:oyasumin-seijin:20170223050339j:plain
*4

札幌駅は駅ビルが5つもあって、本当にややこしいんです。
札幌ステラプレイスのフロアマップはこちらにあるので、合わせてご確認ください。

まとめ

2016年12月にオープンしたばかりのアイスクリーム専門店、グラッシェル。

ルタオが手掛けたお店は表参道で人気となり、故郷の北海道に戻って来ました。

北海道旅行で札幌に行った際には、北海道の素材を使った、本場ヨーロッパのアイスを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

関連記事

ルタオから期間限定で、春を彩るチーズケーキが販売されています▽

プライバシーポリシー