元スタバ店員のお菓子とカフェ巡り

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元スタバ店員のお菓子とカフェ巡り

元スタバ店員のブログ主が、スタバの新作&裏情報を配信したり、今流行りのおしゃれなカフェやお菓子をご紹介します。

ヒカキンが購入した抹茶プリンが6個3万円もする理由がヤバい

Youtuber

■人気記事■
スポンサーリンク

3/9(木)にヒカキンさんの動画で、超高級抹茶プリンが紹介されました。

マスオに超高級〇〇〇をプレゼントしてみた!【スネキンTV】

ヒカキンさんが選んだ抹茶プリンは、ただのプリンではありません。その抹茶プリンのお値段は、なんと6個3万円。ヒカキンさんはお金を惜しむことなく、超高級プリンを幼馴染のYouTuber、マスオさんにプレゼントしていました。

ヒカキンが購入した抹茶プリン『おうす』と『おこい』とは

ヒカキンさんが購入した抹茶プリンについて調べてみると、プリン研究所の公式ホームページを発見。*1

f:id:oyasumin-seijin:20170310181152j:plain

この抹茶プリンの名前は「おうす」「おこい」。両方とも宇治の高級抹茶を使用しています。

名前の通り、「おうす」は苦みが薄め、「おこい」は濃いめの味となっています。

単品のお値段は「おうす」が3,888円、「おこい」が6,327円(税込)。動画に登場したのは食べ比べセットで、おうすが3つ、おこいが3つ入って30,780円でした。

プリンには30g1万円の抹茶を使用

公式ホームページによると、「おこい」には超高級抹茶が使われていました。その抹茶の名前は千代の昔。お値段はなんと30gで1万円

「おうす」に入っている抹茶、初昔も20gで3,000円します。

このお抹茶は宇治の老舗茶園が作ったもので、宮内庁から認められた証である「天皇杯」を始め、全国茶品評会では農林水産大臣賞を20回受賞した経験を持つ凄腕の茶園なのです。

抹茶はプリン職人が一つ一つ点てたものを使用

抹茶プリンを作るとき、プリン職人は一つ一つ抹茶を丁寧に点てています。

抹茶の種類に合わせて温度を調整し、プリンにぴったりの抹茶を用意しています。

抹茶プリンは出来立ての香りごとビンに密封

抹茶プリンのビンは特殊な製法で作られており、ビンの中を真空にすることで、出来立ての抹茶本来の味を逃がさないように工夫されています。

抹茶以外の材料も全て最高級

f:id:oyasumin-seijin:20170310194216j:plain


最高級の抹茶を使用した抹茶プリンには、最高級の材料が用意されていました。

  • 卵は全国ブランド卵 究極の卵ランキング1位の「Natural&Rich さがみっこ」
  • 砂糖は徳島産の最高級和三盆
  • 牛乳はプリンのためのブレンド牛乳「いでぼく」
  • 水は全国名水100選「離宮の水」

まさに高級プリンにふさわしい材料ですね。

「このプリンに使われている抹茶を飲んでみたい」

プリン研究所の所長、北村佑介氏は次のように述べています。

私はプリンを通して、抹茶の世界は格式高く、中々足を踏み入れるのが難しいと考えてる方々に、「このプリンに使われている抹茶を飲んでみたいな」と思って頂けたら嬉しいです。

抹茶プリンを通じて、抹茶に興味を持ってほしい。高級な抹茶プリンには、プリン職人の思いが詰まっていました。

高級抹茶プリンはテレビで人気沸騰中!

高級抹茶プリンは、テレビで7回も紹介されています。

それも「マツコの知らない世界」や「めざましテレビ」など、有名なテレビ番組ばかり。

そして今回は、トップYouTuberヒカキンさんに取り上げられました。

ヒカキンの抹茶プリン動画まとめ

ヒカキンさんは6個3万円の抹茶プリンを、幼馴染のYouTuber、マスオさんにプレゼントしました。そのプレゼントにびっくりするマスオさんでしたが、2人は歯を緑色にしながらプリンを大絶賛。マスオポイントは95ポイントでした。

ヒカキンさんのお金の使い方に、ついうらやましいと思ってしまう視聴者さんも多いのでは?

 

関連記事▽